中古パソコンを買うときの注意点①

中古パソコンとは

いわゆる、ヤマダ電機やジョーシンなどの新規機種ではなく、一度は人の手に渡ったパソコンを言います。
当たり前ですよね~(笑)

でも、新品のパソコンは初期不良があった場合を除いて一律同じ程度のものばかりです。
俗に言う「起動しない」「傷物だった」「マウスが効かない」「画面が暗い」「何か調子が悪い」などの中古ならではの心配が無いのが新品パソコンを買う最大のメリットでしょう。
後悔(ヤッパリあっちの方がかっこよかったし、あっちを買っておけば良かった、と言うことを除いて)をしなくて済むのです。
ご年配の方やパソコン超初心者の方の先ず1台目は新品のパソコンを買われる事をオススメいたします。

一度人の手に渡ったものですから、キズがついている場合もありますし、思わぬ故障もあるかもしれません。
でもきちんと中古パソコンのメリットデメリットを理解していれば、中古パソコンは新品では考えられないような価格で販売されていることもあります。

しかし、新品のパソコンに比べて中古パソコンのイメージはあまり良くないように思われます。
ためしに、友人や家族の人に「俺さ、中古パソコンを買おうと思うんだけど、どう思う?」と聞いてみて下さい。
ほとんどの確率で「おまえ、やめといた方がいいよ。」と言われると思います。
それは、一般的にはまだ中古パソコンに対する不安や良くない先入観があり、また世の中には本当に人をだまして粗悪品を売ろうとする人が多いからです。
現にヤフオクやメルカリ、ラクマなどでも未だにその他のものが売られているようです。

ずいぶん私も失敗してきた!

かくなる私も年に何百台と中古販売をしてきましたが、だいたい約10台に1台が何らかの故障・修理を必要とするもの、約30台に1台が仕入れても売り物にならないものです。
私の場合は、自然にオークションで購入するときにわざわざ「故障・訳あり品」を選んでパーツ取りとして買うことも多いのでいいのですが、一般の方では困ってしまいます。
使えないパソコンをそれなりの金額を出して購入するのですから、そんな失敗は目も当てられません。

オークションやフリマサイトで購入する中古品は、基本自己責任です。
届いてすぐに気がつけばいいのですが、何日か経ってから気がつくこともあり、ヘタをすると相手にクレーマーと禁断されることもあるかもしれません。
ではどうしたらいいのか?

中古パソコンを選ぶときの注意点

中古パソコンのバイヤーは、数々痛い思いをして身につけてきたことがあります。

これが危険な臭いだ!
  1. 「なんとなく変だな」
  2. 「危険な臭いがする」
  3. 「なぜ、このことには触れていないのだろう」
  4. 「前の人は、なぜこのパソコンを手放したのだろう」
  5. 「商品写真で、わざと写らないような角度で撮影されているようだ」
  6. 質問をしたときに、なぜ表現を変えて違う答え方をするのだろう

つまり、商品説明や質問したときの相手の答えからある程度不審な点を推測できるようになるのです。
そのことは、どの書籍にもまた詳しくはインターネットにもほとんど書かれていません。
私も、絶対という判断ポイントがあるわけではなく、あくまでも経験などに基づき「鼻が利く」ようになるだけなのですから。

良い中古品を買うための、いくつかのポイント

そこで、私が詳しくかける範囲でのチェックポイントを順番にこのブログに書いていこうと思います。
先ず今日は二つ書いてみたいと思います。

 

なんとなく変だな

やたらと商品説明の中に下記のキーワードが盛り込まれている、
「念のためジャンク品として出品しています」とか、
「いかなる場合も、ノンクレーム・ノンリーターンでお願いします。」
「起動確認以外は一切しておりません。」
「詳しい方、直せる方のみご購入下さい」
「知人から依頼されての出品ですので、詳しいことは分かりません」

こられらの文章があったら、先ず初心者の方は要注意です。
ていうか、やめておいた方がいいです。
何らかの事由があり、その責任を負いたくないために、念のため付け足している文章です。
トラブルを避けるための呪文なのです。
いわば、出品者からしてみたら「保険」のような文章なのです。

 

危険な臭いがする

おもに外観部分の事案が多いです。
掲載されている写真を見ると、危険な臭いがするときがあります。
私は掲載写真を一度自分のパソコンにダウンロードをして、拡大します。
するとよく見ると天板にキズがあったり、パソコンの周りのシルバーのメッキがハゲてたりします。
タッチパネルの部分がへたっていたり、不自然にキーボードのキーが浮いていたり。
あと多いのが、なんとなく画面が暗かったり、黄色っぽかったりします。

あくどい出品者は、そのことを隠そうとします。
回りくどいソフトな言い回しにしたり、他の部分に注意を向けたりします。

本日のまとめ

こんな事ばかり書いていると、中古パソコンって「買うのが怖いもの」と思ってしまいがちですが、正しい知識と見る目があれば「非常にお買い得」な買い物ができることが多いです。
いいものを安く手に入れられるのですから、これ以上いいことはないですよね。
これから何回かに分けて、残りの注意点も書いていきたいと思います。

 

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. CPUが違えば、メモリも違ってくる! CPUの世代が違ってくると、当然それに付随するパーツも違って…
  2. 覚えておこう!CPUの世代 自作パソコンをしない人にとっては、初めて見ると言う人が多いと思いますが…
  3. 2019/2/13

    CPUの性能比較
    CPUの性能比較表 仕事柄、CPUの性能には非常に敏感になります。 同じ型番のCPU…

アーカイブ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る