アイという犬の思い出

ふっと、今日アイの事を思い出しました。
かつて我が家で飼っていた、アイと言う名の犬はあまり賢くなかったのでした。

どのくらい賢くないかというと、アイは散歩が大好きなのですが、あまりにもうれしすぎて私が持っている綱をぐいぐいと引っ張りながらいつも走るのです。あまりに引っ張りすぎるので、自分の体ばかり前に行きしまいに綱より前に後ろ足が先に行ってしまい、とうとう2本足で歩き始めるしまつです。

また、アイは散歩中は絶対にウンチをしません。
「ウンチ、ウンチ」といくら出先で声をかけても、まるで何処吹く風の様子なのでした。そのくせ散歩もいよいよ終盤にかかり、あと少しで我が家ともなると猛烈に急いで帰ろうとします。
散歩により、ようやく胃腸が刺激されたのか猛烈にウンチがしたくなるようで自分の犬小屋まで帰って「ヤレヤレ」みたいな涼しい顔でウンチをするのです。

あと、犬小屋から500メートルほど離れたところに高速道路が通っています。
高さはビルの3階とか4階の高さのところです。
そこに背高のっぽの幌がついたトラックが通ると、見えなくなるまでずっと吠えています。
いつもいつも人が道を通るだけでずっと何分も何分も吠えるのです。

そんな困ったアイもおととし、私が大きな病気で入院する前日に死んでしまいました。
今でも、私の身代わりに逝ったんだなぁと思っています。
だってタイミングが良すぎでしょ?

覚えている人が一人でもいるときは、その人(犬でも)は完全にこの世から葬られてしまってはいないんだそうです。おばあちゃんでも、おじいちゃんでも、まだ覚えている人がいる限りその魂は生き続けるのだそうです。

アイもまだまだ忘れられていないんだゾ(笑)

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. CPUが違えば、メモリも違ってくる! CPUの世代が違ってくると、当然それに付随するパーツも違って…
  2. 覚えておこう!CPUの世代 自作パソコンをしない人にとっては、初めて見ると言う人が多いと思いますが…
  3. 2019/2/13

    CPUの性能比較
    CPUの性能比較表 仕事柄、CPUの性能には非常に敏感になります。 同じ型番のCPU…

アーカイブ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る